レンタカーできる福祉車両の種類

レンタカーできる福祉車両の種類はいくつあるのでしょうか、細かくタイプをわけだすと無数にありますがタイプは大きくわけることができます。福祉車両の言い方を変えると、車いす仕様車とも言えます。まずスロープ式、これは車の後部から車いすのまま直接乗り降りが可能なタイプです。このタイプではシートの高さ調節の他にも助手席がリフトアップするタイプのものもあり、回転、昇降が可能で折り畳み式の車いすであるならば後ろの席に積みなおすことも可能です。

車の仕様によっては、車いすのままで4人が乗車可能です。セカンドシートとサードシートが着脱可能なので車内を使いやすいようにレイアウトすることができます。さらに、両足が不自由な人でも運転できるようにアクセルとブレーキを手を使って運転できる手動運転装置付きというタイプもあります。こちらは右手でハンドルを、左手でアクセルとブレーキの操作を行います。

車に乗るときはリモコン操作で乗り込むことができ、介護者が楽な姿勢で作業が行えるように素早くシートベルトを外すことができるようになっています。福祉車両に使用される車種はワゴン系の天井の高いものが多く、軽自動車がよく使用されます。レンタカーで福祉車両を利用できることで、イベントなどに車いすを使用する人が参加しやすくなる他、福祉車両は普通の車両よりもどうしても高価になってしまうと共に簡単に試乗することができません。なのでレンタカーを利用して障害があっても車を選ぶ選択肢が増えるという事も可能にしているのです。