福祉車両をレンタカーで借りる時、あると嬉しいもの

一般に、福祉車両というと、車椅子のまま乗れる車と思われがちです。しかし、そうではなく、誰もが乗り降りしやすいように配慮された車です。福祉車両には、主に二つの種類が挙げられます。車椅子に乗ったまま乗車可能なタイプと、助手席に昇降シートや回転シートが備え付けられたものです。

これらは、税制の優遇などはありますが、購入すると200万円近くかかってしまいます。また、車種も限定されており、一台買うということは困難かもしれません。そこで、レンタカーで借りる、という選択肢があります。国内でレンタカーを運営する会社の多くが、福祉車両を提供しています。

福祉車両をレンタカーとして使用する際、介護保険受給資格証明書・身体障害者手帳・療育手帳の各証明書・手帳を呈示すると、利用料金が割引になるというシステムがあります。これらの割引は、利用者本人だけでなく、その介助者が利用する際にも適用されます。さらに、レンタカーならではのメリットもあります。それは、運転手の方が介助の手伝いをしてくれるというものです。

とくに車椅子のまま乗降することは、予想以上に一人では困難です。そういった時に、運転手の人が介助してくれると、車椅子に乗っている人も安心して車に乗る事が出来ます。レンタカーで福祉車両を借りるメリットとしては、高額な料金で購入しなくても利用可能なこと、利用料金が割引になるということ、運転手の方が介助してくれるという三つが挙げられます。桜川のレンタカーのことならこちら