コピー機をリースするメリット

職場にコピー機を導入しようとする際に、購入するかリースにするかレンタルにするかなど、どのような方法を採用するかで悩むことも少なくないのではないでしょうか。

導入方法のひとつであるコピー機のリースを選択した場合の一番のメリットは、何と言っても一度に多額の購入資金が必要ないことです。他にもコピー機をリースした時のメリットはいくつかあります。まず、この方法であれば、月々一定の金額を支払うことで済むので、購入する際に必要となる資金の固定化を防止出来て、運転資金を留保可能であることに加えて、その資金を運用することによりさらなる利益を生み出せることです。

次に、月々掛かるコピー機のリース料金は、税務上で認められた一定の期間であれば、経費として全額処理することが出来ることもメリットのひとつに挙げることが出来るでしょう。こうした税金面で有利であるだけでなく、固定資産に計上されることがないので、財務比率の悪化につながることもありません。

また、購入した場合に掛かる資金調達・償却事務・諸税の納付や申告などの煩わしい事務処理を行なう必要がないことも魅力点だと言えるでしょう。さらに、経済的な耐用年数を考慮した期間の契約にすると、常に最新の製品を使用することが出来ることも大きな特徴のひとつです。その他、リースであればその会社が廃棄物処理法や薬事法などに従い、適切な処理を行なうので、こちらが環境関連の色々な法律を気にすることがないのも嬉しいメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *