コピー機リースと機種選定

日本のオフィスではペーパーレス化で資源の保全と意思決定の効率化を図るのが時代のトレンドになっていますが、実際のところはまだまだ紙の文書に取り囲まれていることは事実といえます。

税金の申告や納付をはじめ、得意先への請求書や領収書の発送、販売促進のためのダイレクトメールやパンフレット類など、すべて大量の紙で成り立っています。このような環境のもとでは、やはりオフィスにとって同じ文書を手軽に大量作成できるコピー機の存在が必須です。

コピー機を実際にオフィスに迎え入れる方法としては、メーカーからの買い取りがスタンダードではありますが、ファミリー向けの数万円程度で購入可能な機種とは違って、オフィス向けのものは数十万円規模になるのもめずらしくはなく、それが複数台となればなおさら高額になります。そこで買い取りに代えてリース方式を採用するケースもよく見られます。コピー機をリースするにあたっては、最初に機種を選定しなければなりませんが、最近ではどのような機種であっても顧客の希望に応じて決定できるようにしているリース会社がほとんどといえます。

この場合の機種選定の目安としては、分速で何枚のコピーができるかが基本であり、この能力がリース料金に影響を与える割合が大きいのが実情です。ほかにはカラー印刷とモノクロ印刷のどちらがよいのか、パソコンからの直接入力などの複合機の機能があるかどうかなども重要で、見積書を確かめながら選定するのがよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *