新規購入と比べてお得なコピー機リース

コピー機はオフィス製品のなかでもたいへん重要で使用頻度が高いものですが、かならず新規で購入しなければならないわけではなく、リース契約で取得する方法もあります。

所有権はリース会社に留保されるため、自由に現物を廃棄したり、契約を途中で打ち切って返却してしまうことはできませんが、その代わりに新規購入よりもかなりお得な使用が可能です。まずは経済的な負担の問題ですが、コピー機のリース契約をした場合、基本的には本体価格に一定の料率を乗じた金額がリース料金として毎月固定的にかかることになっています。

トータルで見た場合には新規購入をしたほうが金額が低くなるのが普通ですが、新規購入の場合は一括してその料金を支払わなければならないのに対して、リース契約であれば圧倒的に割安な月額料金になるため、経済的な負担はより少なくなります。経理処理の関係上も、新規購入であれば資産に計上して減価償却するところですが、損金算入で済ませることができる点もメリットといえます。

またコピー機は最新の機器を選ぶことができ、しかも保守管理の契約をあわせて締結できるのも魅力です。新規購入であれば価格との兼ね合いから中古の型落ち品を選択せざるを得ない場合がありますが、そのようなおそれもなく機能豊富な新品が手に入るのはたいへん便利といえます。新規購入であっても保守管理はかならずしなければならず、自社で対応するのはなかなか困難な話ですので、最初からパッケージの一部として安価に済ませられるのは大きな強みです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *