コピー機のリースの特徴

コピー機を利用する場合、購入やレンタル以外にもリースと言った手段があります。

コピー機のリースとしては、あまり認知が一般的ではありませんが、会社での利用の場合が多いのが特徴です。コピー機をリースする場合、契約する時に期間が定められています。だいたい5年から6年の契約が一般的になりますが、2年以下のような短期の活用も可能な業者も存在しています。基本的に契約期間が終わるまで使用になりますが、業者によっては最新の機器に乗り換えの目的で、利用期間中に契約を組み直すといった事も可能です。

購入(売買契約)ではないので、契約している業者に毎月毎月使用料を支払サービスを受ける仕組みです。利用する場合、契約年数やオプションなどで料金が変化しますが、長く使用するほど割安になり短期で済ますと高くなってしまう傾向です。これらを活用するメリットとして、メンテナンスやネットワーク設定などを契約に組み込んでいるケースがあるので、それを踏まえて利用すると導入も管理も非常に楽なことがポイントとなります。

オプション料金としてメンテナンス料を取られる場合でも、購入するよりもメリットが高いので会社での使用が多い背景にです。ただしサービスを受ける場合、審査があります。例えば通常税務申告書の写しや数気分の決算書と言った経営状況が分かる書類を審査することで、業者側が長期利用するにあたって信用できるかどうかを判断を行なっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *