コピー機のリースのメリットやデメリット

コピー機のリースとは、レンタルと同じものだと思っている人もいるかもしれませんが、レンタルよりも利用期間が長く、中途解約はできないという特徴があります。

メリットにあげられることは、コスト面が明確であるということです。リース費用は経費として計上することができ、毎月の費用が固定されていることから、ランニングコストとして非常に把握しやすいでしょう。またレンタルとは異なり、初期費用を支払う必要もなく、現金を別の用途に回すこともできます。

コピー機のレンタルと比べた場合には、長期間の契約となることから、月額に換算した場合には費用は比較的安く済ませることができるでしょう。さまざまな機種の中から、最新機種を選ぶこともでき、レンタルとはさまざまな違いがあることがわかります。反対にコピー機リースのデメリットにあげられることは、途中で解約することができない点です。これが最も大きなデメリットにあたり、長期的に使うものであるため費用を安く済ませることができるようになっています。

契約する際に、長期的に使うものだろうと契約をしたとしても、実際には将来的にどのようなことが起こるのかわかりません。解約する場合には、残債を支払わなければならず、解約するにしても利用を継続するにしても、費用を支払わなければなりません。またリース契約する場合には、リース会社の審査が必要となります。長期間の契約を行うため審査があり、会社の財務状況によっては審査を通過できない可能性もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *