リースをしたコピー機は最新モデルであるのか

オフィスでは資料をコピーする機会がとても多いです。

会議に必要になる資料や業務で閲覧・管理する為の資料などをコピーしておくといった事が一般的でしょう。オフィスにおける業務で必要不可欠なオフィス機器の一つがコピー機ですが、これを導入するには購入するか、リースをするのかのいずれかの選択肢があります。

導入コストやメンテナンスの事を考えた場合、リースでコピー機を借りた方がリーズナブルに利用出来るケースが多いです。しかし、リースを利用した場合、コピー機は最新モデルに対応しているのでしょうか。リースで借りたコピー機が最新モデルであるかどうかは、サービスを提供している会社によって変わってきます。最新モデルを積極的に取り扱っている所と少し型遅れのモデルを扱っている所がありますので、利用する際には、そのサービス会社がどのモデルを展開しているのかを確認しておいても構いません。

リースをする事で安く利用する事が出来る可能性は高いですが、性能や対応しているモデルは料金に比例している事が多く、最新モデルを使いたい場合はそれなりの料金がかかってくるでしょう。また、様々なオプションが用意されている事がありますが、そのオプションを追加したいのであれば、別途料金が発生する事に注意しておくと良いでしょう。保守契約も行っておくのが標準的ですので、最新モデルのコピー機を借りても、それらの別途かかる料金を含めたトータルの料金が高くなってしまうのであれば、最新モデルに拘る必要はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *