コピー機をリースする場合の注意点

コピー機を購入するかリースするか、もしくはレンタルするかは様々な条件を考慮して選ぶことが必要です。

最近では購入するよりもリースの方が総合的に経費がかからないと考えられているのが一般的で、特に企業の場合にはこの方法を行うのが非常に多くなっていますが、その際にはいくつか注意をしなければいけないことがあるのです。1つは、リースはレンタルと異なり、一定期間にわたり借り続けなければいけないと言う点です。

レンタルの場合でも最低利用期間はありますが、その場合には多少の違約金を支払えば解約することができると言うケースが少なくありません。短期間で解約をしたり、もしくは新たなコピー機を利用する予定がある場合などはあらかじめ短期間のレンタル契約を行うことも可能です。リースの場合にはあらかじめ決められた期間利用し続けなければならず、しかも途中で解約をする場合には残りの代金を全て支払わなければならない仕組みとなっていることがほとんどです。

さらにその総額は実際にそのコピー機を購入する場合よりも高くなってしまうことが多いので、この点にも注意が必要です。加えて最近では、企業が課税される設備に関する税金に対して、リースの場合も設備と同様に扱われると言うことになっています。そのため、利用する場合にはこれらの点を総合的に比較し、企業の経費の状況とも照らし合わせながら、最適な方法を選ぶことが重要です。さらにこの際には、レンタルも含めて検討することが大切になるのです。
コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *