コピー機をリースする際の注意点

会社としてコピー機を導入する際はリースがごく一般的ですが、一般的だからと言って特に何も考えずに利用してはミスを生むかもしれません。

コピー機をリースする際の注意点にはどのようなものがあるでしょうか。まず、最も重要というか、基本的な注意として挙げられることは、契約期間中は原則的に中途解約ができないということです。例えば5年間の契約をした場合、途中で解約してコピー機をリース会社に引き取ってもらい、もうその後は利用料を支払わないということは原則できません。

これはいろいろな物品のレンタルとか、マンションを賃貸で借りるようなケースとは根本的に異なる点ですから注意しましょう。契約期間中に大きく会社の業務内容が変わってもう借りておく必要がないといったことにならないか、十分な検討が必要です。コピー機程度であればどんな会社でも使うことそのものは間違いないでしょうが、例えば複数台を同時に借りるような場合は注意が必要でしょう。

どうしてもやむを得ず解約する場合は、契約期間の残り分に相当する利用料金を一括で支払う必要があります。この他の注意点として忘れられがちなものに、保守や修繕の義務はリース会社ではなく利用する会社側にあるという点があります。レンタルの場合は一般的にこの義務はレンタル会社側にありますからその違いに注意が必要です。メンテナンス費用が自分の会社の経費として上乗せされてくることを予め頭に入れておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *