コピー機のリースにもさまざまな契約がある

ないのであれば借りることを選択できる時代となりましたが、慎重に検討しないといけないのがコピー機のリース契約です。

ほとんどがカウンター式と呼ばれる契約方法になっており、これは1枚の印刷価格によって値段が変わってきます。借りたら好きなようにコピーや複合機として利用することができるわけではないことを知っておきましょう。契約をした会社から検針する人が毎月来ますので、騙すことはできません。このような点に違和感を持つ人も多いです。コピー機のリースとなるといらなくなったら返す選択肢があるように感じますが、これも知っておかないと失敗することになります。

そもそもリースとレンタルの契約は異なっており、いらなくなったコピー機を返品できるのはレンタルの契約であることがほとんどです。会社によって変わってきますので多少は契約内容が異なることが予想されますが、このようなかたちになることをよく理解してから契約を結ぶようにしましょう。

なかなかリースとレンタルの区別を付けにくいように感じるでしょうが、わかりやすいのは3年で区切ることです。3年以上になればリース、それ以下になればレンタルと考えるとわかりやすくなるでしょう。もちろん会社によって細かい契約年数は変わってきますので、一括りにまとめることはできませんが、ひとつの目安として考えておくとわかりやすくなるはずです。このようにコピー機の契約は複雑ですので当事者が情報を把握しておかないといけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *