リースでのコピー機導入が向いているのはどんな時か

コピー機をリースで導入すべきか、他の方法を選択したほうが良いのかは、用意できる資金や複写機を利用する期間などを考慮して決める必要があります。

例えば、数日から数週間程度しか利用しない場合は、コピー機はリースではなくレンタルで導入した方が良いです。コピー機のリース契約では、期間が3年から6年程度とある程度長く設定され、途中で解約しようとすると多額の違約金が発生しますが、レンタルだと短期で契約することができ、適切に借り受ける期間を決めれば途中で契約を解除する必要がありません。

一方、1年から3年程度は使い続けたいと考えている場合も、リースでコピー機を導入するのは先に述べたのと同じ理由で不向きです。資金に余裕があるなら店舗から購入し、起業したての場合など資金に余裕がない場合はレンタルで導入すると良いでしょう。リースでコピー機を設置するのに向いているケースは、3年以上継続して使用したいが、資金に余裕が無くて購入費用を賄うのが難しい場合です。

維持費を計上しても問題ないくらい資金があるなら、購入するのも選択肢の一つになるでしょう。逆に不向きになるのはレンタルで、長く使い続けるほど、また利用頻度が高いほど本体料金やカウンター料金の高さがネックになってきます。利用者側で議論が煮詰まってしまって結論を導き出せない場合は、複写機の取扱店のスタッフと相談した上で導入形態を選択すると、後から後悔することは少なくなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *