コピー機のリースとレンタルの違い

コピー機のリースとレンタルは似たようなサービスですが違いもあります。

リースでは物品を選定することができます。ニーズに合った機種を選んでください。レンタルの場合は会社が持っている機種の中から選ばなければなりません。契約期間については前者が長期、後者が短期です。前者においては適正な期間が税務基準によって定められています。耐用年数が5年なので適正期間は3年~6年です。途中解約に関してはリースの場合することができません。どうしても解約する必要性が生じたという人は解約金を支払いましょう。

レンタルでは清算金という追加料金を支払えば途中解約することができます。保守が気になるという人も多いでしょう。リースではメーカー保証以外オプションです。ただし、独自のきめ細かいサービスを提供している会社もあって、中にはコピーする時に使うトナーや専門の用紙が定額制という所もあります。レンタルでは通常使用の保守はすべて行ってくれます。

審査はどうでしょうか。リースは長期間の契約なので決算書などの提出を求められたりします。レンタルの審査は短期間の契約ゆえ甘いです。利用したコピー機の処分も気になるかもしれません。複合機やコピー機などといった事務機器の場合、処分費は会社の負担になります。廃棄物処理における法律で処分方法が厳しく規制されていますから、安心して会社のスタッフに処分を任せてください。あなたは返却するだけで構いません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *