コピー機リースにおけるメリット

オフィスや事務所、あるいはイベント会場などで使うコピー機の導入方法は購入、リース、レンタルがあります。

購入する場合はそれなりのお金がかかりますが、コピー機のリースであれば格安なのでお金はほとんどかかりません。トータルで見れば購入よりリースの方が出費は多いかもしれません。ただし、メンテナンスに必要な費用を含めればむしろ少なくなる可能性もあります。ランニングコストについては購入やレンタルと同じくらいでしょう。印刷の枚数に応じた料金がリースの場合はかかってきます。

メリットは費用面だけではありません。煩雑で手間がかかる管理作業はその会社が行ってくれますし、コピー機を資産計上する必要もないです。また固定資産ではないため減価償却の計算も不要です。会社によってはリース料金のディスカウントを行っています。契約したプランによりますが、安くなることが多いです。このことも大きな魅力でしょう。

他にいつでも新しいコピー機に変更することができるなども魅力です。原則として契約を途中で解除することはできませんが、トラブルや故障が多くなったり性能が落ちたりしたコピー機を新しいものに変えることはできます。その契約年数が3年~6年と長期間に渡るゆえ、契約することができないケースもあります。銀行などからの借り入れやクレジットカードの使用の状況によっては契約締結できないかもしれません。気になる人は事前にそれらを整理しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *