コピー機のリース契約と更新について

仕事場などではコピー機は一般的にリース契約で対応を行います。

購入して使用をするよりは安価であり、かつ毎月一定の費用かかかるものの、それ以外のコストはかからずかつ設置やメンテナンスに人手を割かないでいいなどのメリットが大きいためです。契約期間が満了する前にはその後の対応を業者と打ち合わせします。継続して依頼をするのかあるいは別の業者に切り替えるのか、その時々で違います。ただ、契約更新にしても別の業者に変更するにしても、通常は見積書をとってその内容で決めていくことになり、内容如何で変わってくるものです。

コピー機の機種変更なども考慮の上で決めるとともに、そのリース費用そのものについても考えた上で決めていくものです。契約の更新時期には他の業者の提供する機種なども参考にします。事務所内でのイントラネットによる印刷について、いいところや悪いところなども含めて、さらに印刷の速度やパソコンからの印刷に何台まで対応が出来るかなども含めて考慮していきます。

見積書をとるときには、その条件はある程度は同じにすることが必要です。ただし、その条件で見積もりをとったときにコピー機のリース会社など業者側から提案が為れることもあり、その内容を聞いてみる価値があることもしばしばです。したがってある程度柔軟に対応が出来る環境であれば、諸条件に加味して決めていくことも出来ます。総じて、一番いい条件のところと契約を交わせばいいということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *