会社でコピー機を導入するならリースが一般的

コピー機は新品を購入する場合100万円以上しますので、現金で一括購入するというのは厳しいものがあります。

ですから導入する場合リースを選択する会社が多いです。コピー機をリースした場合のメリットは、まず新品の複合機が安く導入できることです。また同時にカウンター保守契約も結ぶので、消耗品や保守料金はランニングコストになるため、コスト管理がしやすくなります。また、リース料金は全額経費として計上可能です。現金一括購入だと固定資産税や減価償却費を計算しなければなりませんが、リースの場合はこれらが料金に含まれ、毎月固定となるため、コストが均一化され財務処理がその分簡単になります。

デメリットは、契約の途中解約ができないことです。それも会社で自由に決められるものでなく、国税庁によりコピー機の減価償却資産の法定耐用年数は5年に設定されているので、そこから契約期間も算出されます。さらに、そもそも審査が通るかどうかという問題もあります。借金やクレジットカードの未払いなど、信用情報に傷がついた状態の場合は契約を結べないということも珍しくありません。

審査が通らなければ、あとはレンタルという方法がありますが、レンタルは審査もなく1日からの短期契約もできる代わりに、中古コピー機を貸し出されることが多く支払う利用料金も高いです。コピー機は会社では酷使されやすい機器なので、ある程度の期間便利に使いたいと思えばやはり新品が選べるリース契約が妥当であると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *