コピー機のリースの審査は通らないこともあるので注意

リース契約でコピー機を調達するには、審査を通過しなければなりません。

大抵の申請者は難なくこの審査を通過してコピー機をリースしていますが、中には問題があって通過することができず、コピー機のリースの申し込みを断られるケースが存在します。コピー機のリースの審査を通れないケースの多くは、事業主や企業に信用が無いのが理由です。企業が多額の負債を抱えていて、すぐに解消するのが難しい場合や、個人信用情報機関に代表者個人の何らかの事故情報が登録されている場合は、設定している料金の支払いが滞り、債権の回収が困難になるおそれがあると判断されて審査を通過できません。

負債を減らしたり、事故情報が削除されない限り、審査通過は難しいでしょう。また、会社に資金が潤沢にあり、代表者に何ら問題がなくても、経営の実態がよくわからないと審査を通過できない可能性があります。これは新規に事業をおこしたばかりの頃に起こりうるケースで、契約までたどり着くためには問題ないことを示すための資料として、事業計画書や資金計画書などを申込書と一緒に提出する必要があるでしょう。

代表者の年齢が極端に高齢であることも、料金の支払いを完遂させられるかどうかの判断をしかねるといった理由でコピー機のリースを断られる要因となり得ます。このケースでは申込先から連帯保証人を用意するよう求められることがあり、実際に用意した場合は連帯保証人の信用も審査されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *