コピー機をリースするメリット

会社やオフィスなどでコピー機を導入したいと考えた時には、その方法として購入・リース・レンタルという選択があります。

その中でもコピー機を導入するにあたっては、購入かリースのどちらかで悩むことも多いのではないでしょうか。コピー機を購入して導入するには、大きな買い物でかなりの価格になることから、リースを選択することが一般的であると言えます。コピー機をリース契約することによるメリットがいくつかあります。そのひとつが、基本的には新品のものが提供されるので、きれいなものを使うことが出来る点です。

本体価格にリース料率を掛け合わせた金額を料金として、毎月支払うことになります。総額にしてみると、新品を一括で購入するよりも価格は高くなってしまうことが多いのですが、月額での費用は一括購入に比べて圧倒的に安くなるので、まとまった費用の出費を抑えたい場合には有効的な手段となると言えるでしょう。また、経理処理を行なう際に、煩雑な作業が軽減されるということもメリットに挙げることが出来ます。

費用として計上することが一般的となるので、税務上も損金扱いとなり自社の所有でありながらも資産としての計上をする必要がないのです。さらに、数年同じコピー機を使っていると当然ながら、型落ちも性能の劣化も起こった場合には、新しい機種に乗り換えるということが合法的に可能となっていることも見逃すことが出来ません。本来は契約期間中は途中解約が不可であるのですが、数年経って性能が落ちたり、よく故障が起こるようになった場合には、残額の料金を組み込んで新しい機種に契約することが可能なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *