コピー機をリースするメリット・デメリットについて

オフィス内にはコピー機を配置することが絶対必要になります。

書類を複製する作業はどんな職場においても発生します。学校などであっても資料の印刷などのためにコピー機が必要になります。多くのメーカーがあり、価格競争を通じて値段を下げてきているところですが、それでもやはり高価な品であるという点は変わりはありません。中小企業であれば購入するということが困難なケースもあります。そういった企業などにメリットのある契約がリース契約です。

一定期間コピー機をレンタルできるという契約がリース契約ですが、携帯電話などと同じように月々の支払いにより機械をレンタルできますので、経費負担が少なくなるという点でメリットが大きいといえます。経費節減はすべての企業において必要とされる命題ですので、リースによりコピー機を保有する企業も少なくありません。大企業においても一定期間だけ借りているケースが少なくありません。ただ、デメリットもあります。

使用していると不平や不満が少しずつ出てきますが、一定期間の間はその機械を使い続ける義務が生じるという点が業務効率化の妨げだといえるでしょう。特にコピーを取るケースが多いパートタイマーには不満がたまりやすいといえます。メーカーも努力を重ねてよい機種が増えてきているところですが、すべての企業において抜群の性能を発揮してくれる機種というものはなかなかないものだといえ、悩ましいところですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *