コピー機はレンタル、リース、それとも買取がいいか

大きな企業であろうと中小企業であろうと、オフィスでコピー機を使いたい場合に、レンタルがいいのか、リースがいいのか、さらには買い取ってしまうのがいいのか迷うことがあります。

どれがベストかということからの迷いですが、答えは目的に応じて決めたらいいということになります。まずレンタルとリースですが、レンタルはその性質上一時の使用を意識したものですから、そうでない場合はリースを選択するということになります。しかしながら、コピー機のレンタルでも、その契約内容如何では、たとえば使用回数がそれほど多くなく使用枚数で利用料金が決まるというような場合など、レンタルが得だということがあります。

でも一般的には長期に使用するコピー機であれば、リースの方がお得ということができます。それは2年ないし3年という契約期間を意識した料金設定になっているからです。もう一つ、買い取ってしまうということの比較があります。結論から言えば、資金繰りに余裕がある場合は買取が一番お得ということになります。

トータル料金を比較すれば分かりますが、買取が最も低価格で利用できるからです。冷静に考えれば、当たり前のことであり、金利負担や管理費用のことなどを考えれば、リースは元の方にかかる負担金額が多いわけであり、レンタルはさらに多いということだからです。というわけで資金と使用期間などを総合的に検討し、目的や事情に応じて使い分けるのが良いということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *