コピー機をリースで導入するメリット

業務で多数の印刷等を行うためには、市販の家庭用プリンターでは力不足です。

もっと高性能で使い勝手の良い業務用コピー機が必要になります。この時にこうした大型の機械を導入する方法として、一括で購入するかリースを利用するかの2通りの選択肢があります。そこでリースのメリットについて考えて見ましょう。まず一番の違いは支払い方法です。現金で一括で払う方法はすぐに支払いが終わるため簡単な気がします。ですが、大型の事務用コピー機は非常に高価な機会です。

家庭用ならば1万円前後で購入することも出来ますが、事務用のものは数十万円することが一般的です。これ程の高額なものを現金一括で支払うことは、資金力のある大企業ならばともかく、中小企業ではなかなか厳しいものがあります。一方リースの場合だと、月々一定額を支払うことになります。これならば、大きな支払いがないため資金繰りに厳しい会社でも高価な機械を扱うことが出来ます。

また、通常リース期間内は保守点検のサービスが付いていることが一般的です。コピー機は精密な機械であるため、ちょっとしたことで紙が詰まってしまったり、故障したりすることがあります。そうした時にすぐに機械の状態を見てもらえると安心して使うことが出来ます。何しろ非常に高価な機械ですので、長期間安定的に使いたいものです。保守点検サービスがしっかりと付いていれば、高額な商品でも安心して導入することが出来るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *