コピー機のリース契約のは保守点検があるものが安心

会社に置いてある業務用のコピー機はリース契約の場合が多く、リース契約には様々なものがあり、保守・点検がついているものや、トナーや用紙が無料なものもあります。

起業するときなどには初期投資が少なくてすみ、毎月定額の支払いになれば、毎月の支出が安定してわかりやすくなります。コピー機のリース契約の場合、新しい機種が使えることも多く、購入するのと違い所有権は借りた企業には無いので、減価償却の手続きや、固定資産税等はかかる事がなく経費扱いにすることができます。

コピー機には短期で借りられるレンタルもありますが事業を長く続けるつもりであれば、レンタルよりも安くすむことが多くあります。リース契約をするのであれば保守点検契約がちゃんとあるかどうか確認することが大事です。機械であればちょっとしたことで不具合が生じてしまうことがあるのは仕方の無いことですが、保守点検契約があると定期的なメンテナンスがあるので故障等も未然に防ぐこともでき、故障しても修理の専任の人が来てくれるので業務に支障をきたすことが少なくなり安心です。

コピー機のリース契約は、中古品ではできず新品でないとできないことが多いので、契約満了になって新たな契約をする場合、新しいコピー機になるようです。途中で解約する事はできず、やむを得ず解約する場合には残債一括返金や違約金が生じてしまう場合などがあるので、契約するときにはしっかり内容を確認することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *