コピー機のリースとは

コピー機の導入をしようという場合には、購入する以外にもレンタルやリースと言った方法があります。

一般的にコピー機の利用が短期間であるならばレンタル、長期の利用であればリースをすることが多いです。レンタルは業者からコピー機を中古品として借りる短期契約のことで、中途解約も可能で物品の管理はレンタル会社が請け負います。そのため借り手の過失ではない故障などが起こった場合には代替機を提供してくれます。

リースは業者が代理でコピー機を新規に購入し、それを借りると言う長期契約のもので、その会社の取扱商品から希望の機種を新品で使うことができます。契約期間の間は、購入費と月々の使用量を支払う仕組みになっていて、基本的には全額回収するまで解約はできません。また契約前に審査が発生し、契約期間は一般的には5年程度が多いです。そのため急いで導入したい場合や、途中で解約することが分かっている場合にはレンタルしたほうが良いでしょう。

リースの特徴としてはその他にも所有権がリース会社にあるため保険料や固定資産税などの負担は担ってくれます。その費用は月々の料金に含まれてはいますが、購入することに比べると減価償却などの事務手続きが減ると言うメリットがあります。また、最初から定額で利用することができるので、設備投資時の初期費用を抑えることができます。契約が終了したら返却するか、格安で再契約または格安で買い取ると言った方法があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *