コピー機リースの利用ではメンテナンス契約が重要

コピー機レンタルは、購入する際にかかる初期費用が必要ありませんし、毎月の支払額は経費扱いにすることができます。

また、所有権はコピー機のレンタル会社にありますから、減価償却の手続きや固定資産税の支払いは必要ありません。さらに、購入するよりも、新しい機種を気軽に取り入れやすいといったメリットがあります。 このように、コピー機のレンタルは購入するよりもとてもお得に利用することができるサービスですが、業者選びの際には気をつけるポイントがあります。コピー機のレンタル契約をする場合、メンテナンスを含めて契約することがほとんどです。

しかし、きちんと事前に確認をしておかないと、メンテナンス契約がされていない場合もあるのです。そうしますと、故障してしまった場合、修理業者に依頼しなくてはなりません。修理費用は高額になることも多いですから、コスト削減のためにコピー機レンタルを利用していても、あまり意味がなくなってしまいます。メンテナンス契約がされていれば、定期的に点検を行ってくれる場合もありますし、また、故障してしまった場合でも、無償で修理を行ってくれますから安心して利用することができます。

ですから、業者を選ぶ時には、メンテナンス契約がされているか確認を怠らないようにしましょう。また、すぐに1つの業者に決めてしまうのではなく、様々な業者の情報を取り入れて、それぞれを比較するようにしましょう。そうすれば、悪徳な業者に騙されることなく、優良な業者に依頼をすることが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *