コピー機をリースする際の注意点

オフィスにコピー機をリースする際に少々お得になる点が一つあります。

リースの条件が一枚につき何円かかるという契約の場合、通常使うA4の書類をそのまま何枚をコピーしていたら、ちりも積もればというか、知らず知らずのうちに経費がかさんで行きます。そんな時に便利な機能が『まとめて1枚』という機能です。この機能は1枚の用紙に2枚分のコピーを行うというものです。

たとえば、A3の用紙はA4用紙の2倍の大きさのため、A3用紙にA4の書類2枚を『まとめて1枚』を使い印刷することで2枚分かかっていた経費が半分になります。あとは半分にカットするだけでA4に印刷したものと変わりません。A3用紙はA4用紙より多少は金額が高いですが2倍ということはまずありません。なのでA4用紙を2枚使用するよりA3用紙を1枚使用する事が断然費用が抑えられます。

また、A4の書類2枚をA3用紙に印刷するだけではなく、B5の書類2枚をA4用紙1枚に印刷する事や、B5の書類8枚をA3用紙1枚に印刷するなど通常の半分以下に抑えることが可能です。少しの工夫をすることでコピー機のリース料金を大幅に抑えることにせいこうします。

また、この方法は単純にリース料金を抑えるだけではなく、使っている社員の方にも口頭で節約する事を口うるさく言うよりも、目にえる形で経費の節約を促す事が出来るので、社員の方の意識も高めることができます。コピー機をリースする際は是非実行してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *